FX(外為)投資の魅力

株と為替(FX)の違いを考えた

株の取引で魅力なのは、たくさんある銘柄の中から「この株は有望格だ!」という銘柄を掘り当てたと思った瞬間でしょう。苦労して掘り当てた場合には特に・・・。

苦労して探し当てた銘柄が、予想したとおりに上昇していけば、これ以上に楽しいことはないでしょう。

ところが、為替の場合は「苦労して通貨ペアを捜し当てる」ということは当てはまりませんね。

円安局面で、米ドル/円にするかユーロ/円にするかで、多少悩むことはあっても、その選択が損益を決定づけることはそれほど多くはないからです。

投資家自身に相性の良い通貨、あるいは戦略的に合っている通貨を選ぶということが、「銘柄選び」としては全てなのですから。。。

そういう意味では、為替において勝敗を決定づけるのは、銘柄選びではなく、上昇するのか?、下降するのか?、いつ仕掛けて、いつ仕切るのか?といったような戦略的要素が大きな要因となるでしょう。

買い物で考える選択

スーパーやコンビニに行って、たくさんある商品の中から、何か気に入った一品を探して見つけ出す楽しさ見たいのが株にはあるんです。

実際にお宝銘柄を発見したときは、結構大きな利益が出ることが多いですが、銘柄選びに神経を使う分、その銘柄が上昇トレンドにあるのか、いつ仕掛けて、いつ仕切ったらいいのかについて、使う労力は少ないように思います。

FXに近い取引方法

1つないし3つくらいの大柄銘柄の動きを、ローソク足などのチャートや経済指標情報を踏まえながら、何年も追いかけて上昇、下降のタイミングを捉えて、トレードする手法をとっている投資家もいるでしょう。

ローソク足チャートなどを利用したテクニカル分析や経済指標などを熟読するファンダメンタルズ分析によってトレードする方法は、どちらかというとFX(為替)のトレード方法に近いやり方です。

このように、FX(為替)と株は基本的にとらえ方が、かなり違っています。

トレンドを読む大切さ

FXであれ株であれ、大きなトレンドを予想して取引すると言うことは、安易な感情や勘、経験といった曖昧な理論で取引するよりも、勝率が圧倒的に上がります。ローソク足などのチャート分析、雇用統計や消費者物価指数といった各指標は、その後のトレンドに大きな影響を与えますので、投資家の基礎知識として必要最小限なものは身につけておきたいところです。

特に、ローソク足チャートは、投資をする上で最低限知っておかなければならない知識です。ローソク足チャートが基本となって構成されているチャートも多いので、特に初心者の方は、トレンドの学習をする場合、ここからスタートするのも良い方法です。

Copyright © 2010 FXへの投資方法と魅力 All rights reserved